古今東西漫画比較シリーズ ~サンデー編・2~(週刊少年漫画板)

http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/vote/1116432010/325-330
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/vote/1116432010/332

http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/vote/1116432010/
案内 [投票所] “第2回2ちゃんねる全板人気トーナメント宣伝スレ-031”

325 名前:週刊少年漫画支援@漫画4兄弟 1/7[sage] 投稿日:2005/05/23(月) 13:44:34 ID:3SX3rPUn

             __
;;(⌒~        ヽ|・∀・|ノ  妙子よぉぉぉ
 ⌒;;(⌒~      ヽ|    |ノ  【古今東西漫画比較シリーズ ~サンデー編2~】
 ;; (⌒⌒;;(⌒ ≡ミヽ|__|ノ    を紹介するわぁぁぁ
((⌒;; (⌒⌒;;(⌒~  ┘ |         勢いよく行くわよぉぉぉぉ


326 名前:週刊少年漫画支援@漫画4兄弟 2/7[sage] 投稿日:2005/05/23(月) 13:45:02 ID:3SX3rPUn
「犬夜叉(いぬやしゃ)」 高橋留美子
 少年サンデーコミックス1~39巻<以下続刊>、週刊少年サンデーに連載中

邪悪な妖怪・奈落の罠にはまり、犬夜叉はお互い好き合っていた美女の巫女・
桔梗と、殺し合ってしまう。
悲劇から50年後、犬夜叉はその桔梗の生まれ変わりである、かごめと出会う。
生の女と死の女。果たして犬夜叉は、どちらの愛を選ぶのか……?

妖怪と人間の間に生まれた半妖「犬夜叉」と、神社の娘である普通の女子
中学生「日暮かごめ」が、砕け散った四魂の玉を巡って冒険を繰り広げる、
戦国御伽草子。
スケベ法師・弥勒、退治屋・珊瑚、化け狐の七宝とともに、四魂の玉を狙う
元人間の半妖である奈落を倒すために、旅を続けていく――

切ないラブストーリーとして、女性にも人気がある作品。しかし、最初はアク
ション物として男性にも人気があったが、恋愛的な要素が徐々に入り込んだ
ことで、男性の人気離れが進行している。
また最近の展開には、グダグダ感が否めない。敵がずっと同じであるため、早い
段階からマンネリ化は指摘されていたのだが。


327 名前:週刊少年漫画支援@漫画4兄弟 3/7[sage] 投稿日:2005/05/23(月) 13:45:33 ID:3SX3rPUn
「らんま1/2」 高橋留美子
 1987~1996年に週刊少年サンデーに連載、少年サンデーコミックス全38巻

主人公・早乙女乱馬は武術の修行中、「昔少女が溺れたという、悲劇的伝説のある泉
『娘溺泉』」に落ち、それ以来、水を被ると女に変身するという特異体質になって
しまう。そんな彼の前に次々と現れる、格闘技の達人たちとの熱きバトル。
そして、居候先の娘で親同士の決めた許婚・天道あかねとのロマンスを描いた、
愛と戦いの(?)ラブコメディ。

高橋留美子作品の常として、多彩で魅力的なキャラが沢山出てくる。
それに加えてこの漫画では、なんとも怪しげな格闘技が多数登場する。例えば格闘
新体操(格好良さそう)、格闘スケート(しかもペア、これもよし)、格闘チアリー
ディング(うん? まあ動きは派手でよい)、格闘茶道(待て)、格闘ディナー(それは
早食い大会だ!)。

一方のラブコメに関しては、3歩進んでは2歩下がるような、お互い素直になれない
微妙な関係が、最後まで読者をヤキモキさせた。
この伝統は現在の「犬夜叉」にも、脈々と受け継がれている。

328 名前:週刊少年漫画支援@漫画4兄弟 4/7[sage] 投稿日:2005/05/23(月) 13:46:00 ID:3SX3rPUn
「めぞん一刻」 高橋留美子 小学館 サンデーコミックス全15巻・文庫版全10巻
 1980年11月~1987年4月20日号まで、スピリッツで連載。

ボロアパート・一刻館に、新しい管理人がやってきた。作者自身が「理想の女性像を
具現化した」という、ヒロインの音無響子だ。その管彼女に主人公の五代(浪人生)は
一目ぼれ。ところが、なんと響子は未亡人だった!

響子が通うテニススクールのコーチ・三鷹(金持ちで美形)も、彼女に惚れたようだ。
五代は懸命にアタックするも、可愛い七尾こずえに彼女として振る舞われたり、
旅先で女の子にキスされたり、コンパで酔った女の子とホテルに入りそうになったり、
教育実習先の生徒・八神いぶきに付きまとわれたり、しまいにはソープで童貞を
捨てたりと、優柔不断ぶりを発揮する。

結末はハッピーエンド。
「うる星やつら」と並んで、「るーみっくわーるど」の双璧をなす作品である。

329 名前:週刊少年漫画支援@漫画4兄弟 5/7[] 投稿日:2005/05/23(月) 13:48:33 ID:NMhjGE9Y
「うる星やつら」 高橋留美子 週刊少年サンデーに1978年39号~1987年8号まで連載
 小学館 少年サンデーコミックス全34巻・ワイド版全15巻

友引高校に通う諸星あたるは、凶運と煩悩の持ち主。そんなあたるに、またもや不幸が
襲いかかる。それは宇宙を侵略に来た、インベーダーの鬼娘・ラムとの鬼ごっこだった。
10日以内にラムの角を掴めば、あたるの勝ちになって地球の侵略は免れる。だが、角を
掴むことが出来なかったら、ラムの勝ちになって、地球は彼女たちのものになって
しまうのだ。 

最終日、あたるは何とかラムの角をつかむことが出来た。だが、ラムはあたるにプロ
ポーズされたと勘違いし、地球に居残ることに。ラムとあたるのドタバタコメディーは、
ここから始まる……

ラムをはじめ、しのぶ、弁天、竜之介といった個性的な女の子キャラが、最高に可愛い。
結構エッチだったりするが、そこが人気の秘密なのではないだろうか。
そしてテンポと歯切れの良いギャグ。たまにセンチなお話も混ざっていて、その加減が
絶妙だったりする。ストーリーの奇想天外さ、キャラの魅力は語るまでもない。

この人間(宇宙人)模様の多彩さは、著者の観察眼あってかと思われる。
1981年10月よりテレビアニメ化。後に多大な影響を及ぼす程の人気を得る。

330 名前:週刊少年漫画支援@漫画4兄弟 6/7[] 投稿日:2005/05/23(月) 13:49:34 ID:NMhjGE9Y
名前  ◆高橋留美子
生年月日◆1957年10月10日
出身地 ◆新潟県
代表作 ◆人魚の森
     うる星やつら(1978年~、週刊少年サンデーに連載)
     めぞん一刻(1980年~、ビッグコミックスピリッツに連載)
     らんま1/2(1987年~、週刊少年サンデーに連載)
     犬夜叉(1996年~、週刊少年サンデーに連載) など多数

劇画村塾で小池一夫に師事した。1978年、「週刊少年サンデー」掲載の「勝手な
やつら」でデビュー。編集者の白井勝也に激賞され、少年漫画や青年漫画を
描く女性漫画家のパイオニアとなる。

テンションの高さには脱帽。どの作品を見ても、描くのが好きな人なのだ
と思う。業とさえ言えるかもしれない。それが、比類なきエンターティナーに、
しているのだろうと。それにしても、この著者の引き出しの多さはどこから来るのか?

ちなみに、阪神タイガースファンとしても知られ、2003年にセ・リーグ制覇
したときには、スポーツ誌に「うる星やつら」のヒロインの一人、ラムの
描き下ろしを掲載している。

332 名前:週刊少年漫画支援@漫画4兄弟 7/7[] 投稿日:2005/05/23(月) 13:50:14 ID:NMhjGE9Y
     __
   ヽ|・∀・|ノ ``) ブンブン   どうだったかしらぁぁぁ
   ヽ|  .ヽ彡ノ `)⌒`)
   ヽ|  .ヽ彡ノ ≡≡≡;;;⌒`)  妙子もラブコメに出てみたいわぁぁぁ
   ヽ|_.ヽ|  ゴォォォ         テンションでは負けないわよぉぉぉ
      | |
[PR]
by sioriririri | 2005-05-29 23:27 | 二次元系
<< 古今東西漫画比較シリーズ ~サ... 世代対決シリーズ ~少年・少女... >>